薬剤師の悩み

薬剤師といえば、日本では病院、薬局、ドラッグストアなどに勤務しております。

病院や薬局、一部のドラッグストアでは医師が発行する処方箋に基づき医薬品の調剤を行い、患者さんにお渡しし、それに関連した記録を作成します。病院では病棟活動といって、病院に入院している患者さんに対して服薬指導や副作用のチェックなどを行っています。

ドラッグストアでは、一部の医薬品(例えば、ロキソニンやガスターなど)は薬剤師の管理監督の元で販売することができるようになりました。
一方諸外国の薬剤師は同じような形態をとっておりますが、一番大きな違いとしては、医薬品を処方することができるという点です。

日本では、医師が発行した処方箋に基づかなければ医薬品を患者さんにお渡しすることはできませんが、諸外国、とりわけ欧米では薬剤の判断で医薬品をお渡しすることができるのです。要は処方権があるかないかということです。

医療を志す人というのは、患者さんを治療したいという気持ちを持っています。医師や看護師、理学療法士、放射線技師はそれぞれの業務範疇において、治療を行うことができますが、薬剤師だけは唯一自身の業務範疇内で治療を行うことができません。その点が薬剤師の大きな悩みのひとつです。

上記に付随しますが、薬剤師の地位と給料に関することです。
上述していますが、諸外国では医薬品の処方権があることから、尊敬されるている職業にも選ばれていますが、日本では尊敬される職業とはいえません。

諸外国の薬剤師の給与は医師と同等かそれ以上の水準ですが、日本では医師の半分以下の給与というのが平均です。
結婚し、妊娠出産を経験された女性が、子育ての合間や子育てが終わった際に、のんびりとパートタイムなどといった形で復帰することは、時給が非常に高いので良いですが、
野心や向上心の強い方は、日本の薬剤師では物足りないというのが現状です。
私自身も薬剤師としての仕事は現在しておらず、製薬企業にて医薬品開発(臨床試験)をしております。