就職先は給料?やりがい?何を取るべきか

薬剤師は人手不足で、就職先が見つけやすいと言われていますよね。
でも、実際に離職してみると働きたくなる職場はなかなかない…ということがあるものです。
給料が良くて、やりがいがあって、働きやすい…そんな夢のような職場は本当にあるのかを、ここでは検証していきます。
・給料の良い職場
給料の良い職場は、人手が少なかったり、業務がハードだったり、駅から遠かったり…といった給料が良い〝理由〟があります。
1年ほど給料の良いドラッグストアに勤めましたが、体力勝負な品出しがほとんどで、辞めていく薬剤師が多いため異動がひっきりなしでした。
「若いうちは良いかもしれないけれど…」と将来に不安を感じ、退職しました。
念のためですが、大手ドラッグストアは才能があれば、本部にいけるため長く働き続けられます。

・やりがいがある職場
在宅業務をしてみたい!と入社した中小調剤薬局では、給料はかなり安く、ドラッグストア時代より月々手取り額が10万円ほど下がりました。
研修制度が充実している大手チェーンなど、友人が働く会社も給料はかなり安かったです。
・働きやすい職場
人数が多いから、休みを取りやすい!自宅から近い!選んだ中小調剤薬局は、やはり給料は少なかったです。
ただし、確かに人数が多いために有給は取りやすく、業務自体(外来がメインです)も楽にこなせました。

いくつかの会社を転職して感じたことは、楽して自宅から通いたければ、給料は諦めるべし!給料が欲しければ、どこででも働く覚悟で入社するべし!ということでした。

もし給料が良い調剤薬局などが、自宅近くであったとしても、もしかしたら他店舗に異動があったり、薬剤師の人数が少なかったりする可能性があります。

「すごく良い条件の求人だ!」と思っても、すぐには結論を出さずに、入社時の面接で異動や薬剤師の人数と、業務内容をしっかり確認することが大切です。
給料だけ、やりがいだけ、働きやすさだけにならないよう、自分にピッタリの職場でのびのびと働き続けましょう!