ドラッグストアに就職すること

新卒で病院勤務、ドラッグストア勤務のどちらにしようか迷われた方は、薬剤師の方には多くおられます。

ついつい給与の良さに目が奪われてドラッグストアに新卒で就職された方や給与はドラッグストアより劣るけども、仕事のハードさとやりがいやスキルアップを求めて病院勤務を志望された方もおられます。

ずばり薬剤師として1人前になるためにおすすめなのは、病院勤務だと言う傾向が強いです。
ドラッグストアで就職をするとPB商品など他の場所には取り扱っていない薬と出会うことがありますし、利用者の方が病院で主に処方箋を受け取り薬を渡されていますので、その流れであったり手続きについてはいきなりドラッグストアで働いた人にとってはイメージが付きにくく仕事で思わぬ形で躓くことがあります。

また、少人数で回しているドラッグストアが多いことからあなた自身と先輩の2人だけでという環境で働くことになる場合があります。
先輩はいわばその店舗のことを何でも知っており、店長と仕事関係も構築されている場合が多く、仕事のできをそのつもりがなくても報告して知らず知らずのうちに居心地が悪くなっている場合があります。

新卒で入社するとわからないことばかりなのはとうぜんですが、少人数でまわしているドラッグストアではそんな言葉は通用せず孤独に感じます。

そのため、人数も多く医師との接点があり医療現場を間近で見ることができる病院が薬剤師として1人前になるために、どこに行っても通用する人材になるためには必要不可欠な経験といえます。個人病院よりも人数が多いところがお勧めです。

社会に出ると仕事よりも人間関係に悩む人も多く、閉ざされた職業である薬剤師にとっては継続して仕事を行えるのか死活問題にもなりますので、いろいろな人になれておくことや免疫をつけておくことは非常に重要です。

病院で働き、スキル、人間性を鍛えたあとは高待遇の職場ばかりですので最初に勤務する場所の選び方はこの先薬剤師としてのライフプランをたてておくことが重要です。